熊本大学から内田さんが就業体験(インターンシップ)されました!

熊本大学工学部3年の内田さんが、介護老人保健施設 ケアポート益城 新築工事の現場に9月9日(月)より20日(金)までインターンシップに来てくれました。

内田さんは炎天下での作業を行い全身筋肉痛になってしまったそうですが、持ち前のガッツと根性でやり通し、最後に、「大学の講義では教わらない、生きた大変貴重な経験をさせてもらいました。また、図面をみるだけではわからなかったことも、墨出しをしたり、オートレベルで高さを出したりすることによって、一層理解を深めることができました。」と感謝の言葉を述べておられました。

内田さん、大学に戻っても頑張ってくださいね。卒業後も同じ業界で一緒に頑張りましょう!

 

(仮称)杉並台保育園copain(コパン)にて上棟式が行われました!

合志市幾久富の(仮称)杉並台保育園copain(コパン)にて9月18日(水)上棟式が行われました。

餅投げでは子供たちが大喜びしてくれましたので、改めてこの子供たちのためにも子供たちが喜んでくれる良い建物を造らなければいけない、頑張らなければと思いました。

杉並台保育園様のホームページは

http://sc.kumamoto-net.ne.jp/sugiho-pre/

上のリンクをクリックしてください。

俵山トンネルルート全線開通式が行われました!

サクラマチ クマモトの開業日と重なり、影が薄くなってしまった様な感じがありますが、同日の9月14日(土)13時より、熊本地震により被災し、復旧工事が進められていた俵山トンネルルートが全線開通し、阿蘇郡西原村にて全線開通式が執り行われました。

当社も俵山トンネルルート内にある『扇の坂橋』の復旧工事を担当いたしました。地元の皆様、利用される皆様に少しでも貢献することができたと思うと大変光栄に思います。

 

3年ぶりに南熊本教室が開催されました!

熊本地震の影響で3年ぶりとなりましたが、9月13日(金)17時より、岩永組本社2階大会議室にて社員勉強会も兼ねて熊本法人会主催による『第56回南熊本教室』が開催されました。

開会の辞を熊本法人会南熊本支部支部長の岩永社長が述べ、次に幹事挨拶として肥後銀行南熊本支店支店長の田中様、他銀行の皆様より、年金2,000万円時代を迎えるに当たって、国民にとって大変有利な制度であるイデコについてのお話がありました。

講演は熊本市経済観光局 熊本城総合事務所 熊本城調査研究センター 文化財保護主幹の鶴島俊彦様による『”ここが凄い”熊本城』でした。

熊本城と言えば加藤清正公、講演は清正公の生い立ちから始まり、清正公が生涯で作った城や、どのような政をしたか、世界でも例を見ない、清正公が施した土木工事の数々、そしてテーマである熊本城について、戦後も特に熊本城天守閣は熊本復興のシンボルであったと言う話や、熊本地震からの復元状況など、現在でも熊本のシンボルである熊本城について大変興味の湧くお話を聞くことができました。最後は『人生明るい方をみていきましょう。~Always Look on the Bright Side of Life~』という言葉で締めくくられました。

鶴島先生大変おもしろい講演をありがとうございました。

講演会後は、南熊本の『ちゃんこ久光』さんで、懇親会がありました。

岩永会長の乾杯の音頭で宴は始まり、恒例だった肥後狂句も復活致しました。

肥後狂句の笠は「つんのぼせ」「腹ん立つ」「とっぺん先」「愛妻に」でした。

優秀作品を澤田部長が披露し、歓声と拍手が響きました。いくつか紹介致します。

「腹ん立つ あたが言うごて したてから」 社長へ さん

「つんのぼせ 休みの日には 芝刈りに 」 バンカーにがて さん

「愛妻に 危険を察知 アイサイト」 とうっちゃん さん

出席してくれた皆様の顔ぶれも3年前とほぼ変わらず、久しぶりに元気な姿を見ることができて、大変楽しいひとときとなりました。

会場となった『ちゃんこ久光』さんです。相撲部屋顔負けのおいしいチャンコを食べられますよ。

当社はふるさとくまもと創造人材奨学金返還等サポート制度登録業者です!

熊本県では、若者の県内就職と定着、県内企業等の将来の中核を担う人材確保のため、県と県内企業等が協力して、県内就職する若者の奨学金返還等を支援する制度を創設しました。

岩永組では、熊本県のこの趣旨に賛同し、この制度に参加登録しています。

詳しくは熊本県のホームページをご覧ください

以下のリンクをクリックすると熊本県のホームページ該当箇所にジャンプします。

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_25893.html

災害時用井戸が完成致しました!

岩永組社宅前に7月24日(水)より工事を開始した、災害時生活用水確保のための井戸設置工事が完成し、9月11日(水)通水式が行われました。

水質は検査機関に調査を依頼しておりますが、災害時の生活用水には十分利用できると思います。

これからも地域の皆様と共に歩む岩永組でありたいと思っております。

桜町再開発ビルが完成致しました!

熊本交通センター跡地に2017年1月から着工した桜町再開発ビルが完成し、9月10日(火)9時半より再開発ビル商業棟北側特設会場にて定礎式が、10時半より竣工式が熊本城ホール1階展示ホールにて、11時よりバスターミナルA発着場にて出発式が行われました。

熊本桜町再開発株式会社矢田社長様より感謝状を頂きました。

熊本桜町再開発株式会社矢田社長様より感謝状を頂きました。

14日(土)には商業施設『SAKURAMACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)』が開業し、当日はバスや電車の無料乗り放題も開催され、大変な賑わいとなる事でしょう。

また、12月にオープンする熊本城ホールも続々と大物アーティストの登場が予告されています。

私たちもこのようなビッグプロジェクトに参加できて大変良かったと思っております。

日本大学から佐藤さんがインターンシップに来られました!

8月26日より9月6日まで熊本工業高校実習棟改築工事の現場に、日本大学から佐藤吉一さんがインターンシップに来られました。

佐藤さんは大学卒業後、現場監督の道を目指しており、そのために今回のインターンシップを申し込まれました。

インターンシップを経験する前は、現場というのは様々な業者が混在しているので意見の対立などが日常茶飯事行われていて雰囲気がどうだろうか?と思っていたそうですが、今回のインターンシップを経験して、監督と協力業者、または協力業者同士がお互いに協力し合って一つの建築物を建てている、その姿を目の当たりにし、よりいっそう現場の素晴らしさ、魅力を感じ、現場監督への憧れをさらに強くしたそうです。

また、『所長の松永さんには、アクシデントを想定して、その1次対策、2次対策、3次対策、さらにそれ以上の対策を常に考えて現場を運営されていると話を聞きました。自分も日頃の生活で常に考えるように訓練したい』と思ったそうです。

佐藤さんがインターンシップに取り組む姿は大変真面目で、積極的で絵に描いたような優秀な学生さんであったと現場担当者から聞きました。これからも頑張ってください!

今月もふれあい美化ボランティア実施致しました!

台風9号、10号の被害はいかがでしたでしょうか?被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

本日のふれあい美化ボランティアは台風で飛散したごみが結構あるかと思いましたが、先にどなたか清掃されたのか?あまりゴミも無く、ちょっと空振り状態でした。

まだまだ残暑厳しい折、皆様ご自愛ください。

夏期休暇のお知らせ!

8月11日(日)より15日(木)まで夏期休暇を頂戴いたします。お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

*赤字がお休みを頂く日です。