ふれあい美化ボランティア実施致しました!

大変爽やかな気持ちの良い朝となりました。

先月は盆休みでお休みとなりましたので、先月の分まで今月は皆頑張りました!

せっかくの気持ちの良い朝でしたが、参加できなかった方が多かったので、次回も今回のような天気に恵まれると良いと思いました。

熊本県土木部建築住宅局優良工事表彰を受賞致しました!

9月8日(火)13時30分より、ホテル熊本テルサ 3階たい樹の間にて 令和2年度熊本県土木部建築住宅局優良工事表彰式が催され、当社が施工した『県民総合運動公園陸上競技場RWC関連(トイレ改修)工事 他合併の現場及び現場代理人兼監理技術者が表彰を受けました。

日本中が沸いた、あのラグビーワールドカップ2019日本大会熊本開催を受けて、熊本県民総合運動公園の改修を行った工事です。

メインはトイレをワールドカップ規程に沿った物とする工事でした。

RWC2019での、日本チームの大活躍は皆様の心の中に今でもくっきりと打ち刻まれているのではないかと思います。私たちもその一端を担う事ができて大変誇らしく思える工事でした。また、受賞に関しまして、地域の皆様、協力会社の皆様、その他関係の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 

【緊急】台風10号接近に伴う臨時休業のお知らせ

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、9月7日(月)は社員、および協力会社社員等の安全を最優先に考え、臨時休業といたします。何卒よろしくお願いいたします。

熊本大学よりインターンシップに来られました!

8月24日(月)より、28日(金)までの5日間、新MKビル新築工事の現場に熊本大学工学部在学中の瀬山さんがインターンシップに来られました。

瀬山さんは大学で建築の勉強をされていますが、卒業し建築業界に就職してから、実際どのような仕事をするのか知りたいと思いインターンシップを希望されたそうです。

朝礼では司会も担当されたそうです。

インターンシップを通じて、職人さんと現場員がたくさん会話していたのが大変印象に残ったそうです。積極的なコミュニケーションをとることで、大きな信頼関係を築いているのだなと思ったそうです。また、現場の中でしか見られない様な作業も見ることができて、多くのことを学べ、建築に対してさらに興味が増したそうです。

瀬山さん、インターンシップに来てくれてありがとうござました。卒業後はぜひ、一緒の業界で頑張りましょう!

【健康への豆知識】夏バテ 起こる原因

メタボリックシンドロームについて勉強致しました!

8月24日(月)、毎月行っている社員勉強会で、今回は『健康づくりにチャレンジ!感染症とメタボリックシンドローム』と題して、全国健康保険協会熊本支部より福島先生をお招きし講演をお願い致しました。

40才以上男性の二人に一人はメタボだそうですが、うちの社員はそれ以上いそうな感じが致します。

今回の講演を機に全員で内臓脂肪ダイエットを頑張りたいと思います。

福島先生ありがとうございました。

渕上所長が九州地方整備局 局長表彰を受賞致しました!

工事現場(土木部門)としても局長表彰を受賞した『平川地区道路改良(その6)工事』において、監理技術者として手腕を発揮した渕上所長が、優秀技術者として表彰を受けました。

その風貌から想像がつかないかもしれませんが、十八番はアンジーの「天井裏から愛を込めて」で、油断すると何回も歌い、それがまた耳に残るので、大変です。

技術者としては、まだ50才前で努力家なので、更なる飛躍が期待できると思います。

渕上所長が現在担当しているのは、阿蘇地区の、『東下田川2砂防堰堤新設(2期)工事』です。

とにかく、渕上所長には、これからも頑張って頂きたいと思います。

なお、『熊本57号平川地区道路改良(その6)工事』の現場は、建設業労働災害防止協会熊本県支部 令和2年度安全表彰において優良賞も受賞しております。

当社社員(芹川所長)が九州地方整備局 局長表彰を受賞致しました!

当社社員の芹川所長が、九州地方整備局 局長表彰(若手技術者)を受賞いたしました。

芹川所長は、熊本県内の某工業高校を優秀な成績で卒業し、平成10年4月に入社されました。今回、若手技術者として表彰されましたが、実際にはベテランの域に達しており、今回の受賞は必然だったのかもしれません。

趣味は酒を飲むことで、特に焼酎は限度を知らず飲み続けます。そんな芹川所長ですが、仕事中は誰よりも厳しく現場を監視し、不安全行動に目を光らせ、安全に気を配ります。

段取りも大変得意で、手戻りや補修、手待ち等が発生しないスムーズな現場運営が彼の持ち味です。

上の写真は、芹川所長が担当し今年3月末に完成した九州横断道路の御船地区に掛かる大野川橋です。

芹川所長も、今回の受賞を励みとしながらも、満足することなく技術者として更なる高みを目指していただきたいと思います。

平川地区道路改良(その6)工事が九州地方整備局 局長表彰を受賞致しました!

平成30年12月に着工し、令和元年12月に完成した、国道57号線北側復旧ルート中の1区間の工事である『平成30年度災害復旧 熊本57号平川地区道路改良(その6)工事』が九州地方整備局 局長表彰(安全施工)を受賞致しました。

上の写真は現場代理人を担当した釘野所長です。

釘野所長は、2010年入社のナイスガイです。ちょうど別ページにて、主にリクルート中の皆様に近況を報告しています。この文章をクリックしてぜひご覧下さい

以下の写真は平川地区道路改良(その6)工事の完成写真です。

2016年4月の熊本地震により通行できなくなった地点を迂回する国道57号線北側復旧ルート中の工事です。まだまだ不便な生活を強いられている住民の方がたくさんおられると思います。これからも地域住民の皆様の復興に少しでもお役に立てれば良いと思っております。

二重峠トンネル電気室工事が九州地方整備局局長表彰を受賞致しました!

今年3月に完成した二重峠トンネルの大津側、阿蘇側の両電機室の工事が九州地方整備局局長表彰(建築部門)を受賞致しました。

上の写真は、工事を担当した立尾所長です。立尾所長は、この工事の前に担当した『えがお健康スタジアムトイレ改修工事』でも熊本県土木部建築住宅局表彰の受賞が決まっており、入社16年目で、今最も脂ののっている技術者の一人ではないでしょうか?。

上の写真は大津工区側の電気室全景写真です。

上の写真は、阿蘇工区側の電気室全景写真です。