大腸がんの予防・診断・治療・ケアについて学びました!

10月21日18時より開催された今月の社員勉強会では社会医療法人社団高野会 大腸肛門病センター高野病院から、消化器外科部長の医師 佐伯先生をお迎えし、『大腸がんの予防・診断・治療・ケアについて』講話を頂きました。

大腸がんは日本人の死因1位である癌のうち、2番目に多い癌だそうですが、定期的な大腸癌検診の受診等で比較的避けられる癌だそうです。しかし、大腸癌検診の受診率は極めて少ないそうです。

講話は、実際の癌患部の写真や手術風景など普段目にしないスライドを交えたり、クイズで皆に問いかけたりして、硬軟織り交ぜ、あっという間の時間となりました。この講話で、大腸がんを防ぐ生活を心掛けるための良いきっかけとなりました。佐伯先生大変貴重なお話をありがとうございました。