3年ぶりに南熊本教室が開催されました!

熊本地震の影響で3年ぶりとなりましたが、9月13日(金)17時より、岩永組本社2階大会議室にて社員勉強会も兼ねて熊本法人会主催による『第56回南熊本教室』が開催されました。

開会の辞を熊本法人会南熊本支部支部長の岩永社長が述べ、次に幹事挨拶として肥後銀行南熊本支店支店長の田中様、他銀行の皆様より、年金2,000万円時代を迎えるに当たって、国民にとって大変有利な制度であるイデコについてのお話がありました。

講演は熊本市経済観光局 熊本城総合事務所 熊本城調査研究センター 文化財保護主幹の鶴島俊彦様による『”ここが凄い”熊本城』でした。

熊本城と言えば加藤清正公、講演は清正公の生い立ちから始まり、清正公が生涯で作った城や、どのような政をしたか、世界でも例を見ない、清正公が施した土木工事の数々、そしてテーマである熊本城について、戦後も特に熊本城天守閣は熊本復興のシンボルであったと言う話や、熊本地震からの復元状況など、現在でも熊本のシンボルである熊本城について大変興味の湧くお話を聞くことができました。最後は『人生明るい方をみていきましょう。~Always Look on the Bright Side of Life~』という言葉で締めくくられました。

鶴島先生大変おもしろい講演をありがとうございました。

講演会後は、南熊本の『ちゃんこ久光』さんで、懇親会がありました。

岩永会長の乾杯の音頭で宴は始まり、恒例だった肥後狂句も復活致しました。

肥後狂句の笠は「つんのぼせ」「腹ん立つ」「とっぺん先」「愛妻に」でした。

優秀作品を澤田部長が披露し、歓声と拍手が響きました。いくつか紹介致します。

「腹ん立つ あたが言うごて したてから」 社長へ さん

「つんのぼせ 休みの日には 芝刈りに 」 バンカーにがて さん

「愛妻に 危険を察知 アイサイト」 とうっちゃん さん

出席してくれた皆様の顔ぶれも3年前とほぼ変わらず、久しぶりに元気な姿を見ることができて、大変楽しいひとときとなりました。

会場となった『ちゃんこ久光』さんです。相撲部屋顔負けのおいしいチャンコを食べられますよ。