『公共建築の日』なので、トイレ清掃・献血ボランティアを行いました!

11月11日(土)は『公共建築の日』です。岩永組が所属する熊本県建築協会では、一昨年までは高齢者等のお住まいに、段差解消や手すりの取り付け等を施し、よりよい生活をおくっていただけるように改修工事を行っておられましたが、現在は熊本地震災害復旧工事に全力で取り組んでおられるため、今年は建築協会会員それぞれの会社の付近にある公園の清掃や、公園内外の公共トイレの清掃と建設会館にて献血を行う事とされました。

建設業で働く女性たちの集団『くまもと建麗会』の皆さんもその趣旨に賛同され一緒にトイレ清掃等を行われました。

公共トイレは災害時の、指定緊急避難場所にあり、昨年の熊本地震の際にはその重要性を、被災した誰もが再認識したものと思います。と岩永建築協会会長からお話がありました。私も当たり前のように利用するのではなく、感謝の気持ちを込めて利用したいと思いました。