現場レポート

ホーム >  現場レポートバックナンバー >  2010年 春季号

現場レポート No.1552010年 春季号

ご施主様・近隣の皆様・協力会社の方々、大変お世話になっております。
現在、工事進行中現場の担当者より、皆様にご挨拶致します。

N様邸新築工事

熊本市龍田の「ビオトープ立田の杜」に鉄骨造一部2階建の住宅を施工中です。ここは新規分譲地ということもあり、周りでも現在何軒か住宅が建てられています。7月末の竣工めざして、お客様に満足いただける建物に仕上がるように無事故で完成するように頑張ります。

担当:福山晃央
設計:シード建築設計事務所㈲

K様邸 新築工事

今年の1月12日に工事開始しました。
概要は、地下RC造車庫、その上に木造2階建が乗る混合構造となっています。また道路に面して大きなスロープがあり、出来上がりはとても迫力があると思います。4月上旬に上棟式を行い、木工事に入っていきます。
完成目指して、お施主様に喜んでいただけるよう設計事務所様と共に一生懸命頑張っています。


担当水篠洋一、山田祥一
設計MORIARCDESIGN一級建築士事務所

熊本城桜の馬場観光交流施設(仮称)整備運営事業

この度、旧城内プール跡地に観光交流施設の建設を進めております。熊本城のエントランスとして、また熊本県に観光にいらっしゃる方々の総合案内所や歴史文化の体験施設として、来年1月の完成に向けて無事故・無災害を目標に頑張ります。完成後はぜひご利用、よろしくお願いします。

担当:與田昌法、大塚昭、立尾飛世紀
設計監理:(株)久米設計

熊本城桜の馬場飲食・物販施設設営事業に伴う基礎工事

この度、城内プール跡地に熊本城桜の馬場リテール株式会社様の飲食・物販施設の基礎を建設中です。
2月20日~3月31日という短い工期の中で13棟の基礎工事の完成を目指し、日々、各業者の方々と力を合わせて頑張っています。

担当:青山竜太、浦川孝太、加藤国輝(岩永・味岡・西部・山本JV)
設計:設計株式会社トータルメディア開発研究所

現場散策!おじゃまします!!熊本城下

NHKの大河ドラマ「龍馬伝」が好評ですが、熊本にも幕末維新に奔走した志士の群像が熊本城稲荷神社向かいの高橋公園にて見られます。

人物紹介
横井小楠(上段中央)
開国論を唱える思想家として知られ、藩政改革を進める。幕府の閉塞状態を、世界的な状況の中で捉え直そうとした。その開明さは、勝海舟、坂本龍馬らに影響を与えた。しかし肥後藩では危険視されたのか、重用されなかった。

坂本龍馬(上段左端)
横井小楠とは都合6回会っている。世界観、日本のとるべき道など大いに議論をたたかわした。龍馬の「舟中ハ策」には、小楠の「国是七条」の主義主張が多く取り入れられている。世界(地球儀)を間に横井小楠を見る坂本龍馬。

勝海舟(上段左から2人目)
海舟の小楠評「おれは、今までに天下で恐ろしいものを二人見た。それは横井小楠と西郷南洲(隆盛)だ。」と述べている。世界(地球儀)を間に坂本龍馬を見る勝海舟。

松平春嶽(上段右から2人目)
福井16代藩主。小楠を政治顧問とし藩政の改革、幕府の改革を行った。
横井小楠の声を聞きながら全体を見つめる松平春嶽。

細川護久(上段右端)
維新時代の細川家当主。明治2年参与。第2代藩知事。熊本の藩政改革を行う。「古城医学校」「熊本洋学校」を創設。全体を見つめながら横井小楠の話に耳を傾ける細川護久。

下の段は小楠門弟の人々。左より
竹崎律次郎
西洋の野菜・果樹や農機具の実験農場を試みる。「熊本洋学校」「古城医学校」の創立に参加。

内藤泰吉
医師。「古城医学校」を創設。安政2年小楠と議論。小楠開国論者へ。

嘉悦氏房
県会議長、「九州改進党」の領袖。「嘉悦学園」創立者嘉悦孝子の父。

徳富一敬
小楠の経済的な援助者。「大江義塾」の創立に参加。徳富蘇峰・蘆花の父。

長野濬平
明治2年小楠暗殺時、京都におり熊本に事件を知らせる。養蚕製糸場・熊本製糸会社開業。

山田武甫
「熊本洋学校」「古城医学校」の創設に尽力。「立憲自由党」の結成に参加。

熊本市ホームページより引用 宮﨑 政通 記 

その他のコンテンツ

表彰・受賞歴表彰・賞歴
建築物の表彰・賞歴をご覧いただけます。
岩永組について岩永組について
会社概要から会社沿革、支店情報まで
中途・新卒情報採用情報
新卒採用、中途採用のリクルート情報
岩永総合管理岩永総合管理
グループ企業の不動産情報をご覧いただます。